レフティのイマドキメンテのススメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電動格納ドアミラー修理

電動格納ドアミラー、とても便利で大きな車だと特に欲しい装備ですね。

今回取り上げたのが、ランクル100の格納不良ドアミラー。
簡単に言うとドアミラーが倒れなくなりました。

ドアミラーを丸ごと交換することももちろんあります。
が、少しでも安くできないかと部品を探してみました。


有りました。ランクル100には中身だけの設定が有りました。

ドアの内張りを外し、ミラーを取り外します。
DSCF3122.jpg

DSCF3121.jpg

ドアミラーを解体して中身を取り出します。

DSCF3124.jpg

新品がこちら↓
DSCF3125.jpg

DSCF3126.jpg
中身を外側に組み込み、この配線たちを元に戻せばOKです。

と、簡単に書きましたが、結構面倒な作業ですね。

ここまでの費用が、
新品リトラクター・・・19,950円
ドアミラー脱着・・・・・ 3,150円
部品組替工賃・・・・・ 7,350円
────────────────
合計・・・・・・・・・・・・・30,450円


修理でも高くなってしまいますね。


ここで注意ですが、ミラー丸ごとの部品で、29,190円というものも有ります。
(グレードによって金額が様々)
高いものは38,745円というものも有ります。

もし電動格納が故障した場合は、ご来店いただくか、お近くのディーラーさん等でミラーの金額をお調べいただいて、交換か修理か、どちらがお安くできるか検討しましょう。
別色に塗り替えられていたり、ドアミラーウインカー付だったりすると、修理した方がお安く済みそうですね。


ランクル80の電動格納ミラーの修理は、もう少し安価でできる場合が多いです。

モーター不良でなく、接点不良の場合でしたら、片側6,300円で修理が可能です。

お心当たりのある方ご相談ください。


メールかTEL 092-622-4911 レフティ 担当 山下まで!







スポンサーサイト
  1. 2011/06/27(月) 16:35:30|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランクル70のリフレッシュ

今回は、基本中の基本のリーフスプリングのブッシュ交換でございます。

リフトアップと同時に交換されたスプリングのブッシュが12年の時を超え、交換される日がやって来ました。

DSCF3105.jpg


シャックル側はグリスアップタイプのウレタン製で、フレーム側のピポット部は純正のゴムブッシュでした。

DSCF3108.jpg
DSCF3107.jpg
なんということでしょう・・・

今回は、だるまジャッキを使用して交換します。

DSCF3109.jpg


シャックル側はというと、

DSCF3113.jpg
DSCF3111.jpg

グダグダのぼろぼろです。。。
お疲れ様でした。。。

DSCF3110.jpg
しゃきっと新品に交換して、しゃきっと走ってくれることでしょう。


この小さなブッシュが、アクスルハウジング(日本名:ホーシング)を支えてくれてます。
支えてくれてるということは、直進性に大きく影響が有るということです。

ロングシャックル装着車の場合、ゴムブッシュでなくウレタンブッシュにすることで、しっかり感が出てきます。

ここがグダグダだと、直進安定性もグダグダになりますし、ランクル70特有のステアリングのジャダーも引き起こす原因にもなります。


それと、
DSCF3106.jpg
12年20万kmがんばってくれた、オールドマンエミューのステアリングダンパーも交換させていただきました。

えっ!?この車何キロ走ってるかって?








DSCF3117.jpg
  1. 2011/06/24(金) 18:14:12|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これはイカン!

DSCF3091.jpg

キターーー

これはエアコンフィルターです。
はい、車の室内に有るエアコンフィルターです。

DSCF3093.jpg

掃除機の中の紙パックとは違います。

これで風が出ていたのでしょうか。。。

臭いは大丈夫だったのでしょうか。。。

9年5万km経過ですが、1度の交換も無かったのでしょうね。


新品に交換して、これからはきっと快適になることでしょう!


  1. 2011/06/17(金) 19:22:26|
  2. メンテナンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過走行とは何kmから?

過走行とはどのような状態でしょうか?

①「昭和60年式で現在20万kmです」
②「新車から1年で3万kmです」

どちらも過走行と呼ぶのでしょうか。。。

②の場合は、中古車業界として過走行扱いかもしれません。

昔々は10年10万km経過で、車は捨てられていました。
結構な確率で、致命的なダメージが有ったのも確かです。

ボディが錆で穴が開くとか、乗りたくなくなる状態になっていました。

でも最近は医療の発達(笑)で、車も長生きできるようになってきましたね。


LEFTYに入庫いただいた車の中から、一部の方の距離計をご紹介します。

まず
ln172h.jpg

まぁまぁありがちな数字です。

今度は少し多い
DSCF2010.jpg

あまり見かけないでしょうか。


もう少し増えて
DSCF1711.jpg

ほとんど見かけない数字ですね。

これは。。。
DSCF1491.jpg

タクシーでもなく、3400ccのガソリンのプラドなんです。
3回目のタイミングベルト交換でした。

日常のメンテナンス、修理に対するお付き合いで、車は長生きできるものです。
なかなか乗りつぶせませんヨ!

皆さんも愛車をかわいがってあげてください。


最後にしゃれで。。。
DSCF1190.jpg











  1. 2011/06/16(木) 19:38:04|
  2. メンテナンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聞き飽きた言葉「地デジ化」

「地デジ化」

来月でテレビのアナログ放送が終了します。。。

って、このブログをごらんいただいている時点で皆さんご存知ですよね。


最近、車にナビの装着率がすごく高い気がします。

高性能のものがすごくお安くなっているのも手伝ってか、入庫いただく車の8割位はナビが付いています。


ナビは不要だけど、テレビやDVDを車で見るためにナビを付けるということもあるでしょうね。


ここで問題が。。。

DSCF3077.jpg


トヨタで言うところの純正ナビ、しかもエアコンまで画面で操作する、マルチビジョン(EMV)装着車の場合、デジタルテレビを見るためには、VTR入力を追加して、さらに地デジチューナーを追加して初めて見れるようになります。

ただし、残念ながら当時のモニターの性能は、今のデジタル放送を映すには少し物足りない感じです。

せっかくのデジタル放送や、DVDビデオもイマイチ感動が有りません。。。

EMV装着車のEMVを、市販のナビと交換できるようにLEFTYで努力してみました。

その結果、とりあえずランクル100の前期(~平成14年8月)でOKが出ました

DSCF3078.jpg

エアコン・スイッチパネルそっくり交換しました。
もちろん交換するだけでなく、配線まで作りかえが必要になります。

不要になったナビ、チューナーを取り出します。

DSCF3074.jpg


この全ての作業のDIYはオススメできません(笑)
気が遠くなることと思います。


この作業をLEFTYで施工しますと、ナビ本体の金額は別になりますが、取付施工合計が18万円(消費税込み)となります。

部品が高いんです。。。エアコンスイッチパネルが8万5千円もするんです。。。その他こまごました部品が。。。

でもこの施工で、iPodをはじめ、デジタル化が一気に進みます。

どうですか?
アナタのランクル100もデジタルに変化させませんか?

昔は高級車の代名詞であった「マルチビジョン」、今では少し邪魔な「マルチビジョン」。

こういう理由で、中古車でもマルチビジョン付車の方が少し安いようですね。


詳しくはLEFTY山下までお問い合わせください!

メール又は092-622-4911まで。


  1. 2011/06/13(月) 22:45:52|
  2. カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

折れちゃった。。。

DSCF3063.jpg

ランクル60のリーフスプリングが折れちゃいました!

右リアの1枚目が折れました。。。

切断面が結構錆びているので、折れてからそこそこ時間がたっているように思われます。

リーフの1枚目といえば、ホーシングの位置決めをする大事なリーフですので、急加速時など、ジャダーが結構出ていたのでは?と思える程の故障ですが、車検で入庫いただくまで、オーナーさんは気付かれませんでした。

大事に至らなくてヨカッタです。

それにしても、1枚目だけ注文して2日後には部品が到着した、ということはすばらしいことですな。
23年前の車ですが、まだ部品の供給が有るという。。。
ランクル60専用、ノンターボ専用、国内に何台有るのでしょう。。。
在庫が国内に有る。。。すばらしい!

1枚だけの交換で一件落着です。
まだまだ元気に乗り続けてください!

まだ17万kmです。





  1. 2011/06/09(木) 15:55:37|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前回と似たような・・・

DSCF3052.jpg

前回と似たような写真です。

が、今回はランクル80ディーゼルです。

修理内容もオイル漏れではなく、エキゾーストマニホールドからの排気漏れです。

症状としては、加速中ターボが働き始めると、「ビー」という音がでていたようです。

ジムニーでもよく出る音で、マニホールドの「割れ」が原因の場合が多いですね。

この80の場合は、6気筒のマニホールドが2本分と4本分に分割されています。

DSCF3053.jpg

その継ぎ目からの排気漏れでした。

よくある修理、というわけではありませんが、たまにある修理のひとつです。

DSCF3055.jpg

ガスケットが排気漏れで黒くなっているのがわかりますか?


この継ぎ目です↓

DSCF3054.jpg

ちょっと費用はかかりますが、このまま放置しておくと、漏れは大きくなり、走行性能にまでかかわってくるので早めの修理をオススメします。






  1. 2011/06/06(月) 19:20:32|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でかいなぁ~

まずはこの写真↓

DSCF3025.jpg

ランクル60 12H-Tエンジンの燃料噴射ポンプを外したところです。

でかい!
さすが列型噴射ポンプ!久しぶりに外れたところを見るとでかいですな。

DSCF3026.jpg

50cmって。。。


パジェロやデリカ、サーフやビッグホーンと平成生まれの噴射ポンプは、分配型噴射ポンプに代わっているのでかなり小ぶりになっています。

今回の修理は噴射ポンプでなくて、オイル漏れの修理ですが、あまりに大きくてトップに持ってきてしまいました(笑)


DSCF3029.jpg

DSCF3030.jpg

エンジンの右側がすっきり無くなったところでパッキンの交換ができます。

ここは、ランクル60ディーゼルエンジンで、よくオイル漏れを起こす所ですので60ディーゼルオーナーの皆さんご注意を!
  1. 2011/06/04(土) 18:04:31|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

lefty99

Author:lefty99
いらっしゃいませ!
福岡の4X4ガーデン レフティが管理しているブログです!
愛車のお世話にお役立てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (55)
車 (4)
その他 (27)
メンテナンス (45)
カスタム (26)
イベント (24)
セール (20)
新製品 (8)
修理 (38)
車検 (4)
ランクル100をカスタムする (7)
中古車 (11)
D:5 (3)
GRJ76、79 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。