FC2ブログ

レフティのイマドキメンテのススメ

メンテナンスの大切さ

今回の患者さんは、

DSCF6357_1.jpg

平成20年式:ハイエースバン・3リットルディーゼルターボ・58,000km

症状は、エンジンのふけ上がりが悪いということでした。

テスターを使用し、データを監視しながら様子をみていると、EGR系統が悪いようでした。

細かいことは、省略させて頂きますが、EGR関連を外してみてみることになりました。

その結果!

DSCF6383.jpg
↑EGRクーラー

DSCF6381.jpg
↑少しこすってみた

DSCF6369.jpg
↑インテークマニホールド (この中は動いていたの?)

DSCF6363.jpg
↑EGRバルブ 地球外生命体が、こんもりたまっていました。

さっ!交換しましょ!

DSCF6382.jpg

DSCF6368.jpg

DSCF6366.jpg

当然シリンダーヘッドのインテーク側も大変なことになっています。
が、後のトラブルを考えると、中途半端に洗浄もできないので、そのまますごして頂くこととなりました。

この作業の費用で、約15万円となりまして、シリンダーヘッドのオーバーホールまでになると、エンジン降ろしちゃおう!という話が出てきて、20万円程の加算となってしまいます。


この黒い物体は、排気ガスに含まれるカーボンや、エンジンオイルの燃えカスだったりするものです。
EGRとは、排気ガスをもう一度吸気側に送るという装置ですので、ある程度はこのようなことが考えられます。

「ぢゃあ、5万km毎にこの作業が必要なの?」と聞かれそうですね。。。

この症状を防ぐ第一歩が、「適正なエンジンオイルを使い、適正なサイクルで交換しましょう」となります。

第一歩といってもすごく重要なことです。

今時のディーゼル車はエンジンオイルの「質」にこだわらないといけません。
何でもいいや!といって、何も考えずにオイル交換をしていると、上記の修理の他にも、排気側にまで影響が及び、プラス30万円を超えるような高額な修理代が待っています。

今時のディーゼル車に乗られているオーナー様、基本的なオイル交換を、今一度見直してみましょう!








スポンサーサイト
  1. 2015/12/11(金) 17:16:49|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何か調子が悪い | ホーム | ランクル100のマルチレス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4x4lefty.blog94.fc2.com/tb.php/253-6b5fc7a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lefty99

Author:lefty99
いらっしゃいませ!
福岡の4X4ガーデン レフティが管理しているブログです!
愛車のお世話にお役立てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (83)
車 (4)
その他 (27)
メンテナンス (46)
カスタム (25)
イベント (24)
セール (20)
新製品 (8)
修理 (38)
車検 (4)
ランクル100をカスタムする (7)
中古車 (11)
D:5 (3)
GRJ76、79 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード